代行メール送信ってどんなメールが送れるの?その種類についてご紹介!

テキストメールやHTMLメールはどの業者でも対応

メールは文章だけの単純なものに見えがちですが、実はいくつかの種類が存在します。では、メール送信代行業者はどれぐらいの種類のメールを送ることができるのでしょうか。
まず、メールの中でもっとも単純で基本的なものがテキストメールです。文字や数字、記号のみで書かれたもので、当然、メール送信代行業者でも扱うことができます。
オンラインショップのメールマガジンなどでよく使用されるものがHTMLメールです。HTMLとはウェブサイトの作成に利用されるものですが、それをメールで使うことでデザイン性に富んだものにすることができます。たとえば、一部の文字だけを拡大したり、色をつけたり、あるいはメールの中に画像を貼ることも可能です。メール配信代行業者はHTMLメールにも対応しています。ただ、通常のテキストメール送信に比べると送信料金が割高になるかもしれません。


添付ファイルつきメールは制限が設けられる

メールにはファイルを添付することもできます。たとえば、複数の画像をまとめた圧縮ファイルをメールに添付したり、あるいは書類をスキャンしたものを添付して、取引先に送ったりといった使い方をされます。
テキストメール、HTMLメールと比べると添付ファイルつきのメールは一般的とはいえません。しかも、送信する際にサーバーに非常に負荷がかかります。そのため、扱っていない業者が存在する可能性はありますし、扱っているとしても制限を設けているのが普通です。どういった制限かというと、添付するファイルのサイズです。10MBを超えるようなサイズの添付ファイルだと、送信先のメールサーバーでエラーになる可能性があるため、2MBぐらいまでのサイズが上限となります。